So-net無料ブログ作成
前の1件 | -

蔵の修理 [最近の出来事]

今年の6月に、季節はずれの台風で
一部の屋根が吹き飛んだ蔵です。
ブルーシートで覆われた部分の、上部にも屋根があったそうです。

築100年以上と思われる蔵は、全てが土の左官仕上げ。

雨が直接当たると、土が剥がれ落ちてしまいます。

今回は、吹き飛んだ部分の屋根と、蔵の側面に見える古くなった下屋
を作り変えです。(^_^)

別方向からの蔵の様子。
ご覧のとおり、全て練った土を塗って出来ています。

今、上部に掛かっている屋根は7〜8年前にやり替えたとの事。


蔵の修復
総ケヤキの引き戸。

かなりの厚みがあります。
鍵も着いています。

現在、この戸を製作するとなると50万円以上はしますね( ̄◇ ̄;)
(もっといくかも・・・)




下屋の解体中。

上に乗ると、下屋はフラフラして安定していない状態(>_<)

蔵と3箇所でとまっているだけ・・・

その、止め金具も土壁から抜けそうな状態・・・

慎重に作業を行い、無事解体完了



とにかく雨から土壁を保護!

独立基礎工事。

蔵の壁に固定する事ができないので、独立で行く事に。

蔵の修復
プレカットといって、機械で刻むのが主流の昨今なのですが、

今回は、柱や梁を手で刻みます。


材の長さが足りない場合は、
2本の角材を1本の材にするための継手を使います。
横から見るとこんな感じ。
日本の伝統的な継手ですね(^-^)/


「追っ掛け継」と言います。
上から見るとこんな感じになります。

組むとこんな感じです。
ガッチリと継がれた2本の材。

久しぶりに刻みました(^_^)


刻みが終われば、次は棟上げですo(^▽^)o


この続きは次回へ。


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅
前の1件 | -